誤薬ゼロへの挑戦|試行錯誤の日々

養護老人ホーム満寿園の定員は、60名です。

そのほとんどの方が、何かしらの薬を服用しておられます。

介護職員は、毎食前後にご利用者さんが薬を飲むのを介助します。これを「服薬介助」と呼んでいます。1回の服薬介助で、1人の介護職員が10名~20名のご利用者さんに、その方の状況に合わせた方法で介助をおこないます。その時、介護職員は服薬介助だけをしていればよいかというと、そうではありません。服薬介助をおこなっている時に周りでいろいろなことが同時進行しています。そしてさらに、同姓の方もおられ、さらにさらに、同姓で名前の最後が一字違うだけ!という方もおられます。

心理学的に「マルチタスク(2つ以上の作業を同時に行うこと)ができる人」は人口の約2%しかいないという研究結果があります。また、人間の脳は、2つのタスク(作業)ならば同時に処理できるが、3つ以上のタスクに取り組むのは能力を超えているという研究結果もあるそうです。私たちは、同時進行で起こっている事象に対して同時進行で対処するには限界があります。なので、様々な方法で介護職員の脳の中の混乱を少しでも減らして、タスクの切り替えをなるべく早く的確に行えるように工夫しています。

法人本部からの今回のブログは、前回に引き続き、先日行われたあしぎぬ福祉会の「第7回実践発表会」での発表についてです。養護老人ホーム満寿園から誤薬防止の取り組みについての発表がありました。

養護老人ホーム満寿園で行っている工夫として、少ない職員の中でダブルチェックが難しい中、素早く的確な判断ができるように、情報を正確に認識できるようにしていました。
例えば・・・
・ラミネート加工した見やすい札を作成
・名前の文字サイズを大きくする
・名前だけでなく、顔写真でも確認

一つ一つは小さな工夫、改善ですが、小さなことが事故防止に効果を上げています。

そして、服薬介助は毎日、毎食行うので、習慣化によるミスを防ぐために、職員の意識付けを図る目的で誤薬防止に関する注意事項の唱和も行っています。

誤薬防止のキーワードは、「ふく(複、復)」だと思います。

・できる限り複数の職員で間違いがないか確認する「ダブルチェック」
・名前だけでなく、顔写真や服薬時間も合わせて「複数の情報で本人確認」
・そして、注意事項を反復確認して「マニュアル手順の徹底」

これらのトライ&エラー(試行錯誤)によって改善を繰り返し、安心して過ごせる施設を目指しています。

関連記事

  1. 介護福祉士合格!|あしぎぬ福祉会の資格取得支援制度

  2. あしぎぬ福祉会 ブログ始めます

  3. 丹後は朝から雪すかし

  4. 理学療法士が大活躍|ご利用者さん一人ひとりに合った過ごしやす…

  5. 2023年のはじまり|毎年届けてくださるカレンダーの贈りもの…

  6. 元気で長生きするために|高齢者の口腔ケア

PAGE TOP