法人名

社会福祉法人あしぎぬ福祉会

代表

理事長 平林 嘉一郎

所在地

〒627-0111 京都府京丹後市弥栄町溝谷4206

TEL

0772-65-2558

FAX

0772-65-2971

施設一覧

溝谷満寿園
外村満寿園
あしぎぬホームなごみ

社会福祉法人あしぎぬ福祉会 パンフレット

パンフレット
※画像をクリックすることで内容をご確認頂けます。

社会福祉法人あしぎぬ福祉会 経営理念

・その人の思いを受け入れ、安心して過ごせる、あたたかみのある施設を目指します。 ・自立を支援します。 ・地域に貢献します。

社会福祉法人あしぎぬ福祉会 基本方針

どのような介護

・なるべくそばに居てくれて、話し相手になってくれる介護。 ・自分の暮らしが支えられる介護。 ・心が通い合い、ぬくもりのある介護。 ・一人の人間として、個人の尊厳が守られる介護。 ・心穏やかに安心して過ごせる介護。 ・かゆい所に手の届く気の利いた介護。 ・社会参加をしながら趣味活動の機会も提供してもらい、和気あいあいと家庭的な中で過ごせる介護。 ・起床時間等左右されない、その日の健康状態で生活出来る介護。 ・施設の日課に合わせられるのではなく、自分のペースに合わせてくれる介護。

どのような職員から

・一緒にいて楽しく、元気を与えられる職員。 ・プライバシーを大切にしてくれる職員。 ・笑顔で気持ちよく接してくれる職員 ・よく気がついて、頼りになる職員。 ・じっくり話を聴いてもらえ、あるがままを受け入れてもらえる職員。 ・落ち着いた動作が出来る職員。 ・自主性を導いてもらえる職員。

地域に支えられる施設に

・事業の持続的成長と体質強化に努めます。 ・地域とのつながりを深めます。 ・高齢者の在宅生活を支える拠点となります。 ・世代間交流の場となります。 ・地域へ開放、提供をします。

個人情報保護に対する基本方針

社会福祉法人あしぎぬ福祉会は、利用者等の個人情報を適切に扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。 当法人が扱う個人情報の重要性を認識し,その適正な保持のため自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。

社会福祉法人あしぎぬ福祉会 沿革

保護施設として開設

昭和34年3月丹後旧6町立奥丹後養老施設組合設立 生活保護法による保護施設として開設 昭和4年に弥栄村伝染病隔離病舎として建設され、のちに国民健康保険直営診療所として利用されていた建物に、食堂等を増築する 入居者定員50名、平均年齢74歳、職員数8名

養護老人ホームへ移行

昭和38年8月老人福祉法施行に伴い、保護施設から養護老人ホームへ移行

全室個室化

昭和57年1月養護老人ホーム老朽化に伴う全面改築工事完成全室個室化

時代の要請に合わせサービスを拡充

平成5年7月弥栄町独居老人等給食サービス委託事業「食の自立支援サービス」受託 平成6年1月ショートステイ(高齢者生活管理指導短期宿泊事業)開始 平成10年4月弥栄町痴呆老人対応型デイサービス委託事業「デイサービス満寿園」受託

社会福祉法人設立

平成16年3月社会福祉法人あしぎぬ福祉会設立 平成16年4月養護老人ホーム満寿園、デイサービス満寿園、居宅介護支援 事業所満寿園、食の自立支援サービス等の運営を奥丹後養老施設組合から社会福祉法人あしぎぬ福祉会に移管 平成18年10月養護老人ホーム満寿園が、外部サービス利用型特定施設入居者生活介護の指定を受ける同時に、訪問介護満寿園事業を開始。これにより、養護老人ホーム入居者が要介護状態となった際に、介護保険サービスを受けることができるようになり、終の棲家として最期まで安心して暮らすことができる場となる 平成19年4月京丹後市弥栄生きがい交流センターの管理者指定を受ける 平成20年4月デイサービス事業の市の委託先変更及び、京丹後市ヘルパーステーション、訪問入浴介護事業の廃止に伴い、その利用者・職員を法人が引き継ぎ、デイサービス事業を受託、訪問入浴介護事業は新規開設し、訪問介護事業は従来の規模を拡大して3事業を引き継ぐ

養護老人ホーム改修改築、特別養護老人ホーム開設

平成21年4月養護老人ホーム満寿園既存棟改修改築工事完成 要介護者の生活に適した設備と、ユニット内調理のできるプライバシーと人と人との交わりの両方を大切にした施設となる 平成22年4月『特別養護老人ホーム満寿園』開設 デイサービスご利用者や地域住民の方の「住み慣れた場所で最期まで暮らしたい」という声に応える形で、地域の皆さんになじみのある旧小学校跡地に建設 特養もリビングにキッチンがあり、廊下も意図的にまっすぐではない廊下にするなど、個と和を大切にする「わたしの輝く家」を目指した施設とする 当時、府内初となる特養内併設の事業所内保育所『森の保育所』を開設 平成24年8月障害福祉サービス「居宅介護」「短期入所」事業開始 平成25年10月認知症カフェ『カフェよっとくれぇなぁ』開始 平成26年12月小規模多機能型居宅介護事業所『あしぎぬホームなごみ』開所 平成28年4月介護予防・日常生活支援総合事業『健やか生きがい教室(野間教室)』事業開始 平成28年6月介護予防・日常生活支援総合事業『健やか生きがい教室(外村教室)』事業開始 平成28年8月認知症カフェ(介護者支援機能強化型)『ほっとカフェ~咲來楽(さくら)~』開始 平成31年3月配食サービス事業を休止、訪問入浴介護事業を廃止 令和2年3月認可外保育施設『森の保育所』を廃止

法人ロゴマーク

®

法人イメージカラーの若草色を使用し、六枚のハート型の葉は、ご利用者、ご家族、職員、地域、世代、法人各事業所を表しています。私たちあしぎぬ福祉会が、ある時は伴走者として、ある時は先導者として、地域に生きる皆が生きがいを持って暮らし、ほっとできる居場所を創る。その一翼を担いたい、という思いを込めました。

FEATURED POSTS

  1. あしぎぬ福祉会 ブログ始めます

PAGE TOP