秋色のカーテン

こんにちは。デイサービス満寿園です。
山々がきれいな色に染まり始めてきましたね。朝晩はめっきり寒くなり、いよいよ冬の訪れかと思っていましたが、日中はまだ暖かくて気持ちのいい日が続き嬉しいです。

この季節になると、丹後のあちらこちらでは家の軒下にずらりと吊るし柿が並びます。
干し柿とも言いますが、このあたりでは「吊るし柿」と言われる方が多いようです。
デイサービス満寿園でも、吊るし柿作りは毎年恒例の行事になっています。

今年は202個の柿を干しました。たくさんの柿が並び、まるでカーテンの様です。

デイサービスから外を眺めるたびに、窓から見える美味しそうな吊るし柿が目に留まります。

 

「ええ色になってきたで、揉まんなん!」

これは、美味しくてきれいな吊るし柿にするために、とても大事な作業だそうです。このあと数週間干したら冷蔵庫に入れて保存します。年末には粉がふいて、美味しい吊るし柿が完成します。

私たちは、デイサービスでご利用者さんからたくさんのことを教わります。こうしてご利用者さんから教えていただくことは、私たちにとってとても新鮮で、本当に勉強になります。

時代は進んでいて、昔と随分変わったこともありますが、受け継いでいかなければならないこともたくさんあるように思います。

そんな中で、時代を一生懸命に生きてこられた方々から、知恵や工夫を学ぶことができる、とても贅沢な場所で働けることをありがたいと感じています。

だからこそ、
もっとご利用者さんの役に立ちたい。喜んでもらいたい。

これからもデイサービス満寿園を盛り上げていきたいです。

関連記事

  1. デイサービス満寿園のお・も・て・な・し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP