満寿園の畑でとれたさつま芋を販売します

皆さんは介護とか福祉って聞くとどんなことをする仕事だと思われますか?
「お年寄りと一緒に畑で作ったさつま芋を、地域の方に販売して地域と施設を結ぶ。」これも介護・福祉の仕事の一つです。
コロナの影響が長引く中でも、少しでも地域とのつながりを持ちたいという思いから、今年もさつま芋の無人販売を予定しています。
養護老人ホームの小さな畑のすぐ近く、手作りの販売カートが目印です。
苗植え・畑の草ぬき・収穫…とご利用者と職員で協力して育てました。
ちょっと小振りな物もありますが、愛情たっぷりのさつま芋です。ぜひ、ご賞味ください。

関連記事

  1. 溝谷満寿園の畑|みんなで育てた野菜をおいしくいただきました

  2. 溝谷満寿園の畑で野菜が獲れました

  3. もうすぐお正月|お正月飾りを作りました

  4. 新入職員の不安や悩みをサポート|メンター制度を導入しました

  5. 夕飯のメニューはチキンのバジルソテー|百日草が咲くはずだった…

  6. 最高の納涼祭|屋台にゲーム、花火で笑顔いっぱいの一日

PAGE TOP