毎年恒例行事|さつま芋の苗植え

梅雨に入り、ジメジメと蒸し暑い日が続いていますが、特別養護老人ホーム満寿園では、梅雨の晴れ間に、毎年恒例のさつま芋の苗植えをしました。

植えてくださった方も、すぐそばで見守ってくださった方も、自然と笑顔になられ、また、ご利用者さんのこれまでの経験からでしょうか、用意した10本の苗を見て、
「この苗は上等だ」と、
観察されている方もおられたりと、ほのぼのとした楽しい時間を過ごしていただくことができました。

さつま芋を植えたことがある方に植える時のコツを教えてもらったり、事前に下調べをして植える手順や間隔を確認しておくことで、スムーズに進めることができました。
暑い中でのさつま芋植えでしたが、笑顔で終えることができて良かったです。
秋には、皆さんに植えていただいたさつま芋が立派に育ち、たくさん収穫できることを期待して、さつま芋の成長を見守っていきたいと思います。

関連記事

  1. 特養のさつま芋もたくさん採れました

  2. 紅葉ドライブ|ゆっくりゆったりした時間

  3. 特別養護老人ホーム満寿園 春のドライブ|京丹後市内をぐるりと…

  4. 当たりまえの日常が絆を深めます|ご利用者の近くに寄り添って

  5. 【あしぎぬ日記】特養満寿園の小さな夏祭り

  6. 泣けるほど笑った節分|ご利用者さんが楽しんでくれると私たちも…

PAGE TOP